PROFILE

安武亮 Ryo Yasutake

東京都立芸術高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。

チューリッヒ芸術大学(ZHdK)、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。

東京藝術大学音楽学部を卒業時に優秀者に送られる東京藝術大学音楽学部同声会賞、読売新人音楽賞を受賞。同大学院修了時に最優秀賞 アカンサス賞、藝大クラヴィア賞を受賞し、褒賞として東京工業大学入学記念コンサートにて東京工業大学管弦楽団と共演。テレビ朝日の番組に若手ピアニストとして出演。

2011年 Landort 国際音楽コンクール(スイス)第1位、第16回彩の国・埼玉ピアノコンクール銅賞受賞、第20回やちよピアノコンクール入選。東京音楽大学付属高等学校での交歓演奏会、同声会新人演奏会、読売新人演奏会、カワイ表参道、津田ホール、王子ホール、浜離宮朝日ホール等でのリサイタルに出演。

オーストリアのザルツブルク・モーツァルテウム夏期国際音楽アカデミーの選抜者演奏会に出演。ミュンヘンのヴァイデンカム城での音楽セミナーに参加。スイスでは東北地方太平洋沖地震へのチャリティーコンサート、現代音楽のプロジェクトによるコンサート等に出演。

これまでにピアノを外山準、柏木雅子、竹内啓子、アキールズ・デッレ=ヴィーネ、植田克己、ハンス=ユルク・シュトゥループ、迫昭嘉の各氏に、室内楽を迫昭嘉、青柳晋、澤和樹、ヴァディム・サハロフ、ハンス=ユルク・シュトゥループの各氏に師事。

現在、ヴァイオリニスト丁讃宇氏の伴奏ピアニスト。コンクールの審査員や講演、デュオや室内楽の演奏にも取り組んでいる。

また、東京藝術大学および東京都立総合芸術高等学校にて講師をつとめる。

Office Premier 専属アーティスト。